施設紹介

100平米に及ぶリハビリ室には、多種のリハビリ機器をそろえ、疼痛緩和や機能回復のための理学療法を行います。

リラクゼーションのための、ウオーターベッドなどの設備も備えております。

また、当院は運動器リハビリテーション(Ⅰ)の施設基準を獲得し、理学療法士・作業療法士による 運動器リハビリテーション”(機能訓練・運動指導等)を 予約制 にて行っております。(PT5名、OT2名が在籍しております) 

リハビリ機器のご紹介

PowerPlate

振動型のマシーンで、効率的に筋力強化・バランス力の強化が可能です。高齢者に対しては、転倒予防等の目的で使用することができます。ストレッチを目的として使用することも可能です。

1秒間に25~50回の高速振動で、あらゆる方向から、全身の細部に負荷をかけ、1回30秒を1セットに、1日10~15分の短時間で、ジムでの約1時間分と同じ運動効果が期待できます。

SSP療法

「刺さない鍼治療」をコンセプトとする、痛みに対しての治療法で、首・肩・腰・四肢の痛みに効果的です。生体に対して心地よい刺激を行う「1/fゆらぎ」リズムを取り入れて、体に無理のない治療をします。

干渉電流型低周波治療

2種類の異なるやさしい中周波を組み合わせ、新しく創り出された低周波により、筋・神経に刺激を与えます。

血流を促進させる事で筋肉のハリや関節など、広い範囲の痛みに効果的。刺激感のやさしい治療器です。

間歇牽引装置

間歇牽引装置頚椎あるいは腰椎を間欠的に牽引することで椎間を拡大し、あわせて周囲の諸筋にマッサージ等の効果を与えて治療をする装置です。

主に椎間板ヘルニア、頚肩腕症候群、腰痛症などの治療に使用します。

また、当院の牽引装置にはヒーラーベッド(蒸気による温熱装置)を採用していますので、牽引時に腰部全体を温め、血行促進・新陳代謝の効果が得られます。

ウォーターベッド型マッサージ器

水の上に横になっているような感覚があり、様々なパターンで身体全体あるいは肩や腰などのマッサージをしたい箇所に水圧刺激を心地よく与えます。

全身の疲れや下半身の疲れ、あるいは肩や腰のマッサージを希望される方、リラクゼーションを希望される方に適しています。

渦流浴装置

渦流浴装置浴槽内の噴流ノズルより噴流を発生させ、噴流による刺激を与えて治療する治療器です。

上肢の術後の訓練、または温熱治療としても用いられます。

スーパーテクトロン

スーパーテクトロン高周波を用いた電気治療法で、深部透過性が高く、神経や筋刺激に効果を発揮する装置です。

絶えず波形や電圧、電流が変化し、鎮痛効果が大きいとされ、急性・慢性の筋肉痛、関節痛、神経痛、腰痛、肩こり、テニス肘等様々な疾患が適応となります。

メドマー

メドマーブーツ型のエアマッサージ器で、加圧・除圧を繰り返すことにより、足にたまった血液・リンパ液、余分な水分を中枢に戻します。

血行促進、疲労回復、筋肉の疲れやコリをほぐす、神経痛・筋肉痛の痛みの緩和等に有効です。

アイシングシステム

アイシングシステム捻挫、靭帯損傷、打撲などの急性外傷に対し、急速に局所を冷やすことにより、熱を取り、腫れを引かせるために有効です。

超音波治療器

超音波治療器1秒間に100万回の微細な振動による深部のマッサージ効果で新陳代謝を高めます。また超音波エネルギーにより、深部から温め、血行を改善し、筋肉の緊張を緩め、痛みを和らげる治療法です。

急性期から慢性期までの幅広い疾患に対応可能です。

超音波骨折治療器(アクセラス)

骨折部位に毎日一定時間、超音波をパルス状(断続的)に照射することで、骨折部の治癒を促進します。痛みや違和感を感じることもありません。

正常な骨折修復が加速され、骨癒合までの日数短縮が期待できます。

各種検査機器のご紹介

レントゲン撮影装置

一般撮影の他に、患部にストレスを加えてレントゲンを撮影する方法も可能です。DRシステムを導入しており、高速に高画質のレントゲン画像が撮影可能です。

 

骨密度測定装置(HITACHI DCS-900FX)

骨密度測定装置(HITACHI DCS-900FX)腰椎・大腿骨を用いてDXA法にて骨密度を測定します。従来の前腕での測定に比べ、より的確な骨密度が測定可能で、また治療効果の確認にも有用です。

神経伝導検査装置

神経伝導検査装置手首や肘の正中神経や尺骨神経など、上肢および下肢の末梢神経機能障害を検査する装置で、手根管症候群や肘部管症候群の検査が容易に行えます。